肩こりの状態が悪影響となる

私は肩こりの状態に悩まされているのですが、この状態がバストアップにもマイナスに働いているようなのです。肩こりになるという事は、血流の流れが悪いという事を指しています。
もしくは、前傾姿勢などで重たい頭を首が支えている時間が多く、常に首周辺の筋肉が緊張している状態です。これは肩甲骨が正しい位置にないこともおおく、これが原因で姿勢が悪くなってしまうのです。そして、結果としてバストがなかなか大きく見えない状態になるのです。

お風呂の中でもバストを刺激する

お風呂に入る時には、素早くシャワーでサッと終わるのではなく、じっくりとユニットバスに浸かって体を温めることが有効なのです。体が温まれば血流を流れが促進して、バストに良い刺激となるのです。
そしてお風呂に入っている時間を有意義に過ごす事です。ちょうど血行が促進してくるので栄養分を更に供給していくためにも、バストアップ体操をお風呂の中でやってしまうのです。その時にリンパ腺を意識して周りから栄養分を届けるようなイメージでマッサージをするのです。